46舎 メニュー ANSWER最新号 Palier最新号 46舎 Web Store Palier最新号

46舎

facebook instagram search
SEARCH

information

子どもの発達段階には理由があります。行きつ戻りつしている過程を見守ることが大切です

現在、作陽学園で保育士を目指す学生に対し、講師として幼児体育を指導している岡井氏。
主に幼児期の発育・発達段階における体育指導法、カリキュラム作成法などを教えています。
自身は小さい頃から体操教室へ通い、選手育成コースを経て国体選手へ。現在は、岡山県体操協会事務局長を務め
岡山から世界へ羽ばたく体操選手の育成を目標に、現場での指導も行っています。
長年、幼児に体操指導をしてきた岡井氏に、幼少期に行う運動やスポーツを通して育まれる力についてお話を伺いました。